名刺依頼時のポイント

業者にどんなビジネス名刺を作成してもらいたいのかは決まっていない場合はあるでしょう。この場合は、業者に作成を依頼する前にどんなビジネス名刺を利用したいかをよく考えてみると良いです。例えば、ビジネス名刺は両面印刷がいいのか片面印刷がいいのか、カラーがいいのかモノクロがいいのか、デザインはどうするのか等を検討してみることをおすすめします

また、業者に作成してもらったビジネス名刺が手元に無くなったら、再び業者に全く同じ名刺の作成を依頼したいと思っている場合はあるかも知れません。実は業者によっては、このように再注文をする方に対してサービスを実施している場合があるので確認しておくといいです

更に、業者にビジネス名刺の作成を依頼するなら、少しでも早く完成してもらって受け取りたいと望んでいるパターンも考えられます。この場合は、ビジネス名刺の作成を受け付けている業者達の最短作成時間を比較した上で依頼するのも良いかも知れません。この他にも、業者にビジネス名刺の作成を依頼するに当たって、問い合わせをしておきたい場合は有り得るでしょう。ビジネス名刺の作成を受け付けている業者によっては、電話などで問い合わせに応じしている場合があります。

 

名刺の印刷は早いところが勝つ

名刺の印刷をお願いしている会社があるが、安くて早いので重宝しています。英語を裏面に入れても2000円もしません。それに頼んだ翌日には1組からでも届けてくれます。どうやら名刺を出しにオフィス機器の売り込みをしたいらしいです。単価の安いもので食い込み、高額なあるいは長期間にわたるリース製品を売るのが戦略らしいです。それがわかっていても、早く安く届けてくれると、つい他のものも頼んでしまうのは人情であります。

げんに、電話機やコピー機、プリンタなどを購入しました。わかってはいても、頼みやすいところだとついおねがいしてしまいます。そういう意味では名刺はいい切り口のようです。営業マンは名刺が命です。名刺を持って初めての会社に売り込みに行きます。その名刺に大会社系列のロゴなど入っていようものなら、こわいもの知らずになります。名刺の威力は十分に発揮されます。このように名刺はビジネスにおいて、いろいろな意味での引き金になるものなのでしょう。私も初めて自分の名刺ができたときはうれしかったことを思い出しました。

 

たくさんの名刺の中で

名刺は、仕事をする上で必要不可欠。顧客など、共に仕事をする相手に自分のことを知ってもらうツールです。初めて会った方とは必ず交換をし、またその内容に変更があった場合にも、再度交換をしたりします。そのため、いただいた名刺の数も多くなりがちです。そして探し出すのに時間をとられる場合もあります。そんなとき、名刺に特徴があると、数多くの名刺の中で目にとまりやすくならないでしょうか。

例えば、色がついている、形に特徴がある、顔写真がついているなど、何かしら他の名刺、企業と違いがあった方が、格段に目に留まりやすいと思うのです。その人の名刺を探し出そうとしているときはもちろん、それ以外でも役立つと思います。例えば、ある事項があり、その依頼先を探すとき、ふと目にとまり依頼します。確率的には決して高いとはいえないと思いますが、チャンスを創出する可能性があると思うのです。名刺は仕事をするうえで、その人の分身のようなもの。より可能性を広げるために、少し特徴をもった名刺を作るのも一つの手段になるのではないでしょうか。

業者の検討時の注意点

自分の希望している言語で業者がビジネス名刺の作成を行ってくれるかを注意するといいです。例えば、ビジネス名刺には英語で情報を記載して欲しいと思っているなら、英語での作成を受け付けている業者かをチェックすると良いでしょう。業者によっては、何種類もの言語での名刺の作成を受け付けていることもあります。

名刺また、名刺に情報を記載するフォントを提示された種類の中から選んで業者に依頼するケースがあります。こうした場合には、その提示された種類の中に自分の希望しているフォントがあるかをチェックするといいです。例えば、ポップ体・明朝体・行書体などのフォントを選べる場合があります。

更に、作成するビジネス名刺にロゴを入れたい場合はあるかも知れません。この場合には、希望するロゴを入れて名刺の作成を業者に依頼する事が可能なのかを確認するといいです。例えば、業者によってデザインされたロゴの入った名刺の作成を注文するパターンや、自分でデザインしたロゴを入った名刺の作成を注文するパターンが考えられます。加えて、希望しているサイズでビジネス名刺を業者が作成してくれるか否かも注意するといいです。業者によっては、作成してもらう名刺のサイズを複数の種類から選べる場合があります。

 

高級な名刺のデザインを作成するセレブや、会社役員の方。

最近は、高級な名刺を作成される方が増えています。高級な名刺と言いますと、セレブの方や、会社の社長の方をイメージしますが、一般の方でも作成されています。特別加工紙で作成した名刺や、印刷物の金箔を入れたデザインもあります。高級感があり、旅館の女将の方や、高級クラブのホステスの方が使っているようです。家紋を入れた高級名刺もあります。名刺のデザインは、その方の個性や、センスが分かりますから、デザイン選びは大切です。会社の重役の方も作成されている方が多いと言われています。

このような名刺をもらった相手の方も、これからの付き合いを大切にされると思います。一般のデザインの名刺よりは、多少、価格は高めですが、印象を与え、信頼を得ることもできます。高級名刺にも、エレガントからカジュアルなデザインもあります。美容師や、アーティストの方におすすめなデザインもあります。特殊加工をしているデザインの名刺もインパクトがあり、人気です。

 

名刺で感じる、期待や安心について

その日に初めて出会った男女が、告白をしあうという番組が昔ありましたが、そのほとんどのケースが、第一印象から決めていたというパターンです。やはり、よほどの神通力が無いと、初対面の人における性格や人間性なんて、見極められませんし、ファーストインパクトが、決め手になりますよね。これは、名刺においても考えるべき事かもしれません。名刺を交換する間柄となると、そのほとんどが初対面でしょう。取引先の相手とか、どちらかがお世話になる商売の相手などです。

そこで、ただ、紙に印刷しただけでのものより、写真が載っていれば、用事があって名刺を見るたびにその人の顔を見る事になるので安心します。さらに、デザイン力やデッサン力がモノをいう仕事をお願いする相手になれば、その人が書いたイラストが入っていると、それがセンスのいいものなら期待感がもてます。冒頭に書いたように、人というのがファーストインパクトを大切にするものだと考えると、名刺で期待や安心を感じさせるべきですよね。

名刺を作成する方法

ビジネス名刺の作成をしたいのであれば、その方法を選ぶ事になるでしょう。この方法としては、ご自身でビジネス名刺を作成する方法と業者に作成してもらう方法などが挙げられます。もし、自分でビジネス名刺を作成する事を選んだのであれば、仕事で活用するに当たって名刺の質は問題ないかをチェックしてみることをおすすめします。仕事でクオリティの低い名刺を差し出す事で、受け取った相手からの印象が悪くなる事が考えられるので注意しましょう。

テンプレートまた、ビジネス名刺の作成は色々な業者が依頼を受け付けています。こうした業者の中にはビジネス向けの名刺のデザインのテンプレートが何百種類もある場合があります。業者によっては、社会人ではない人向けの名刺のデザインテンプレートがある事もあります。更に、元々、自分のビジネス名刺には顔写真を掲載したいと考えていた人もいるかも知れません。業者によっては、そうした顔写真が掲載している名刺を作成してくれる場合もあります。加えて、業者にビジネス名刺の作成を依頼するに当たって、期待外れの品が納品されるのではないかと疑っている場合もあるかも知れません。こうした場合は、業者によっては試し刷りを行っているので利用してみるのもいいでしょう。

ビジネス名刺の作成を業者に依頼することを選んだ場合はあるかも知れません。当サイトでは、ビジネス名刺を作成してもらう業者を検討する時の注意点と業者にビジネス名刺の作成を業者に依頼する時のポイントを説明します。

 

自分で名刺を作成しよう

ビジネスシーンで名刺は欠かせないものであり、今は様々なデザインもあるので、一般の名刺とは、一風変わった物で自己主張をしている方も多くいらっしゃると思います。そういった名刺を渡すことにより、印象が強くなり、名前を覚えてもらおうという狙いです。名刺は会社員などには必要不可欠であり、会社に入社したら、まず初めに事務員さんが作ってくれる物で、それぐらい会社員にとっては切っても切れない重要な物なのです。無くなりそうになったらまた作成して貰えるものでした。

ですが、不況の影響であらゆる企業がコストカットをしています。その煽りを受け、名刺の作成は各自行ってくださいと言う会社も少なくないのです。個人レベルで業者に作成の依頼をすると、デザインなどにも寄りますが、毎月結構なお金が掛かってしまい負担は増えるばかりです。一、社会人として作らない訳にも行かないので、名刺制作ソフトや専用紙を購入し自分で作成する事をオススメします。

 

名刺作成は重く考えましょう

名刺は、営業などを行う際に最初に必要な自分の顔になるようなものです。そのため自分の事を覚えてもらうため、会社の事を覚えてもらうために様々な工夫をする事になります。初顔合わせの際に印象を残すようにだとか後で見て頂いた時に思い出してもらえるようにだとか様々な事を考えて名刺に工夫を施します。そのためベースとなる最初の名刺作成は、最重要であり、慎重に考えて作成する必要があります。

一目見てどのような会社であるとか分かるように作るのは難しいものです。有名企業であれば別ですが、そうでない場合は、名刺の中に全ての情報を詰め込みたくなるものですが、限界があります。逆転の発想で従来の名刺の形にこだわらず、本のように何ページもあるものを作成している方もいらっしゃいます。他との差別化にも繋がりますし、印象に残る事、間違いなしです。常識にとらわれず、様々な発想でたかが名刺と考えずに取り組む事で最強の営業ツールとなり得る力があります。