業者の検討時の注意点

自分の希望している言語で業者がビジネス名刺の作成を行ってくれるかを注意するといいです。例えば、ビジネス名刺には英語で情報を記載して欲しいと思っているなら、英語での作成を受け付けている業者かをチェックすると良いでしょう。業者によっては、何種類もの言語での名刺の作成を受け付けていることもあります。

名刺また、名刺に情報を記載するフォントを提示された種類の中から選んで業者に依頼するケースがあります。こうした場合には、その提示された種類の中に自分の希望しているフォントがあるかをチェックするといいです。例えば、ポップ体・明朝体・行書体などのフォントを選べる場合があります。

更に、作成するビジネス名刺にロゴを入れたい場合はあるかも知れません。この場合には、希望するロゴを入れて名刺の作成を業者に依頼する事が可能なのかを確認するといいです。例えば、業者によってデザインされたロゴの入った名刺の作成を注文するパターンや、自分でデザインしたロゴを入った名刺の作成を注文するパターンが考えられます。加えて、希望しているサイズでビジネス名刺を業者が作成してくれるか否かも注意するといいです。業者によっては、作成してもらう名刺のサイズを複数の種類から選べる場合があります。

 

高級な名刺のデザインを作成するセレブや、会社役員の方。

最近は、高級な名刺を作成される方が増えています。高級な名刺と言いますと、セレブの方や、会社の社長の方をイメージしますが、一般の方でも作成されています。特別加工紙で作成した名刺や、印刷物の金箔を入れたデザインもあります。高級感があり、旅館の女将の方や、高級クラブのホステスの方が使っているようです。家紋を入れた高級名刺もあります。名刺のデザインは、その方の個性や、センスが分かりますから、デザイン選びは大切です。会社の重役の方も作成されている方が多いと言われています。

このような名刺をもらった相手の方も、これからの付き合いを大切にされると思います。一般のデザインの名刺よりは、多少、価格は高めですが、印象を与え、信頼を得ることもできます。高級名刺にも、エレガントからカジュアルなデザインもあります。美容師や、アーティストの方におすすめなデザインもあります。特殊加工をしているデザインの名刺もインパクトがあり、人気です。

 

名刺で感じる、期待や安心について

その日に初めて出会った男女が、告白をしあうという番組が昔ありましたが、そのほとんどのケースが、第一印象から決めていたというパターンです。やはり、よほどの神通力が無いと、初対面の人における性格や人間性なんて、見極められませんし、ファーストインパクトが、決め手になりますよね。これは、名刺においても考えるべき事かもしれません。名刺を交換する間柄となると、そのほとんどが初対面でしょう。取引先の相手とか、どちらかがお世話になる商売の相手などです。

そこで、ただ、紙に印刷しただけでのものより、写真が載っていれば、用事があって名刺を見るたびにその人の顔を見る事になるので安心します。さらに、デザイン力やデッサン力がモノをいう仕事をお願いする相手になれば、その人が書いたイラストが入っていると、それがセンスのいいものなら期待感がもてます。冒頭に書いたように、人というのがファーストインパクトを大切にするものだと考えると、名刺で期待や安心を感じさせるべきですよね。