名刺依頼時のポイント

業者にどんなビジネス名刺を作成してもらいたいのかは決まっていない場合はあるでしょう。この場合は、業者に作成を依頼する前にどんなビジネス名刺を利用したいかをよく考えてみると良いです。例えば、ビジネス名刺は両面印刷がいいのか片面印刷がいいのか、カラーがいいのかモノクロがいいのか、デザインはどうするのか等を検討してみることをおすすめします

また、業者に作成してもらったビジネス名刺が手元に無くなったら、再び業者に全く同じ名刺の作成を依頼したいと思っている場合はあるかも知れません。実は業者によっては、このように再注文をする方に対してサービスを実施している場合があるので確認しておくといいです

更に、業者にビジネス名刺の作成を依頼するなら、少しでも早く完成してもらって受け取りたいと望んでいるパターンも考えられます。この場合は、ビジネス名刺の作成を受け付けている業者達の最短作成時間を比較した上で依頼するのも良いかも知れません。この他にも、業者にビジネス名刺の作成を依頼するに当たって、問い合わせをしておきたい場合は有り得るでしょう。ビジネス名刺の作成を受け付けている業者によっては、電話などで問い合わせに応じしている場合があります。

 

名刺の印刷は早いところが勝つ

名刺の印刷をお願いしている会社があるが、安くて早いので重宝しています。英語を裏面に入れても2000円もしません。それに頼んだ翌日には1組からでも届けてくれます。どうやら名刺を出しにオフィス機器の売り込みをしたいらしいです。単価の安いもので食い込み、高額なあるいは長期間にわたるリース製品を売るのが戦略らしいです。それがわかっていても、早く安く届けてくれると、つい他のものも頼んでしまうのは人情であります。

げんに、電話機やコピー機、プリンタなどを購入しました。わかってはいても、頼みやすいところだとついおねがいしてしまいます。そういう意味では名刺はいい切り口のようです。営業マンは名刺が命です。名刺を持って初めての会社に売り込みに行きます。その名刺に大会社系列のロゴなど入っていようものなら、こわいもの知らずになります。名刺の威力は十分に発揮されます。このように名刺はビジネスにおいて、いろいろな意味での引き金になるものなのでしょう。私も初めて自分の名刺ができたときはうれしかったことを思い出しました。

 

たくさんの名刺の中で

名刺は、仕事をする上で必要不可欠。顧客など、共に仕事をする相手に自分のことを知ってもらうツールです。初めて会った方とは必ず交換をし、またその内容に変更があった場合にも、再度交換をしたりします。そのため、いただいた名刺の数も多くなりがちです。そして探し出すのに時間をとられる場合もあります。そんなとき、名刺に特徴があると、数多くの名刺の中で目にとまりやすくならないでしょうか。

例えば、色がついている、形に特徴がある、顔写真がついているなど、何かしら他の名刺、企業と違いがあった方が、格段に目に留まりやすいと思うのです。その人の名刺を探し出そうとしているときはもちろん、それ以外でも役立つと思います。例えば、ある事項があり、その依頼先を探すとき、ふと目にとまり依頼します。確率的には決して高いとはいえないと思いますが、チャンスを創出する可能性があると思うのです。名刺は仕事をするうえで、その人の分身のようなもの。より可能性を広げるために、少し特徴をもった名刺を作るのも一つの手段になるのではないでしょうか。